HAWAII 紀行 最終

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日の夕日です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4泊あっという間に過ぎ去ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に綺麗な島だなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

と改めて実感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだこんなに綺麗な地球のために

 

 

 

 

 

 

 

 

少し私たちの生活も見直したいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港
空港

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはいつ倒れるか分からぬ疲労と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両手に割れ物を抱え込んでいたりするので。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身軽な自分を噛みしめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一刻も早く日本に帰りたいといつもは思う私ですが

 

 

 

 

 

 

今回は帰りたくないーーー(;O;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と切実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機からの眺めの虜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲の下にまた雲が広がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん沈んでいく太陽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機が下降し始めると

 

 

 

 

 

 

 

ミニチュアの様な街が広がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界は不思議だなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としみじみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の旅は買付の内容がほぼなく

 

 

 

 

 

 

 

つまらないブログで申し訳ありません。。(..)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイで感じた気持ちを中心に書かせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が満たされた旅でしたので

 

 

 

 

 

 

 

 

心と体のバランスが今すごくいい状態なのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はこうでなくてはならないのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい旅を本当にありがとう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か恩返ししないと

 

 

 

 

 

 

地球に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が城に帰って驚愕 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の鍵がずっとあけっぱなしだったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にゾッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンジラレマセーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

nonoka.